読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

留年戦記

留年と工学と人間関係と毎日戦っている人のブログです. 今年は留年回避済み.プロマネのお勉強中.留学試みたりTOEICの得点向上を試みたり.普通に学校の勉強を頑張ったり工学(プログラミングも回路も)について学んでみたり.時々レーザーカッターのパラメータを記事にしてます.

【java】appletを使ってみて思ったこと

話は代わりいきなりjavaの話がしたくなったあこさんです.

ここ数日言語系の話を書いていなったなぁと思い今回はJavaとappletを初めて書いた時の感想でも書こうかと思います.

(今回はappletの中身について一切触れていません.Javaの内容についても一切触れません)

f:id:aconote:20170118232056j:plain

 

1,javaを初めて書いた時の話

1ヶ月程前にオブジェクト指向についての連載を書くほどオブジェクト指向について調べまくった私なのでjavaには割りととっつきやすいイメージを持ちました.

 

aconote.hatenablog.com

 C#Javaは凄く書き方が似ており,オブジェクト指向の勉強でC#を使用してデスクトップアプリを作っていた私としては,凄く引っかかることがなく書くことが出来ました.

※というのも開発順はJava->C#で,C#Javaを参考に作られた(らしい)ので似てるというは当然なのかも?

f:id:aconote:20170118234430j:plain

2,appletを書いてみた私

appletとはJavaに含まれた機能でWebで動くJavaです.

(HTMLにJavaを埋め込む)

普通のJavaプログラムと違ってインタラクティブなシステムを書くのに向いてます.

グラフィックを書いたり,入力を受け付けたりするための機能が揃っています.

また,スレッドといって同時に幾つかの処理を行うことができます(簡単に言うとなので本当はちょびっと違う)

 

で,書いてみた私の感想として「processingに似た何かを感じる…」でした.

また,習うより慣れろという感じでした.

書いてあるサンプルプログラムを眺めていても分からない.いっそ動かして動作を見て,それから考えて見たほうが早い.

というのが結論です.

プログラムがそれぞれ同時に動くので,最初から把握しようとするとかなり困難でした.プログラムを実際に走らせてみて,「ここが何の役割をしている」というのをあとから把握したほうが全体の理解としては早いと思います.

 

余談:

これから私はappletを使ってゲームづくりをしようと思うのですが(授業の一環として),果たしてどんなものが出来上がるのやら….

で,そのゲームづくりをしている間に起こるトラブルやjava appletの解説などを書けたらいいなと思っています.

そう…つまり...連載します(きっと)(多分)!!(*‘ω‘ *)

今後をお楽しみに~!(●´ω`●)

 

 

Android充電用のケーブル(USB-microUSB)には種類があるって知ってた?

先日セリアに行ったら欲しいものがなくて,(๑´•.̫ • `๑)ってしてるあこさんです.

 

買いに行ったものといえばAndroidの充電用に使われる,USB-microBのケーブルです.

売っているには売っているのですが,私の目当てのスペック?の物がなかったのです。

(スペックと言っていいのかな?)

 


f:id:aconote:20170116191845j:image


現在の私の家にあるUSBたちです。

もはや、コレクターのよう…(,,・д・)

 

さて本題です。

実はこれらちょっとずつ用途が違います。

用途によって買うときに合わせるのです。

 

1,データ転送用か充電用か

本当は解剖したUSBの写真を載せようと思ったのですが時間が無く、断念(;´д`)

 

ケーブルには充電用とデータ転送用があります。(といっで、データ転送>充電だと思っても大丈夫です。データ転送用でも充電できます)

何が違うかと言うと、ケーブルの中に含まれる配線の数です。

データ転送用では、データを通信するためのケーブルが多く含まれています。

100均のケーブルの中にはデータ転送出来るものと出来ないものがあるのです。

 

2,高速充電対応かどうか

ものによっては高速充電対応と書いてあります。これはケーブルに流れる最大電流が多いよ!ということです。(適当な説明なのでちょっと違うかも)

要は、1Aまでしか流せないか、それ以上流せるかという話です。

因みに高速充電非対応では勿論のこと高速充電できません。

 

で、話を冒頭に戻しまして、高速充電対応かつデータ転送可能のものを探しに行ったのですが結局手に入らず…。

見つけ次第買うぞぉ!!(´・∀・`)

 

余談

因みに、充電ケーブルにも充電速度は依存しますが他にも根本のアダプターにも依存します。

f:id:aconote:20170116194857j:image

私がもっているアダプターなのですが、実は白い方は高速充電できないのです。

に対して左下は3ポートあるのですが合計で4.7Aまで出力できるので2ポートまでは高速充電できるのです!

 

 

 

GoogleChromeの拡張機能「強震モニタExtension」を導入してみて

今年も本気出して頑張るぞ!とスイッチ切り替えたあこさんです.

 

ここ最近PCにて作業中Youtubeで音楽を聞きながら,ということが多いのですがそういう時必ず私はGoogleChromeを使っています.

で,そこに入れている拡張機能「強震モニタExtension」が凄く役にたった話をしようと思います.

ちなみに,拡張機能についてはもうちょい色々使ってみてから記事にしようかなと思っています.

もうちょい待ってん(;´∀`)

 

1,強震モニタExtensionとは

さて,今回導入しています「強震モニタExtension」とは地震の際には通知してくれるというChrome拡張機能です.

kyomoniex.web.fc2.com

 

 

2,機能は様々

表示する震度を決めたり,音での通知をしたり,twitterと連携させたり様々な機能があります.また,履歴も表示出来ます.

あと色々機能があります.

こんな感じに調整出来てTwitterとの連携もお手の物です.

f:id:aconote:20170115210056p:plain

色々ありすぎて,どこをいじって良いのか分からない状態です(;´Д`)

ので,通知のところだけいじっていあります(;´∀`)

 

3,役に立った!

つい先日の出来事,家でクリスマスの飲み忘れたシャンパンを空けてシャンパングラスで一人,お酒を飲んでいたときのこと….

口のあいたワインボトルとシャンパングラス,そしてチェイサーとして作ったホットかりんのマグカップがPCのある机に乗っていた時です.

 

飲みながら作業をしていると…「地震」「震度3」的なアナウンス.

モニタを見ると地震モニタが表示されていました.

「あ,これでかいの来るのかな?」

と思い急いでボトルとシャンパングラスとほっとかりんを握りしめて起立!!!

 

ごごごごごごごごっ~~~~~

 

地鳴りとともに地震が立ち上がって数秒後にやってきました.

机にグラスとマグカップとボトルおいてあって,中身がこぼれてPCがぁぁぁぁとなっていたら…と思うと…(´゚д゚`)

思わぬところで強震モニタが役に立ちました.

 

4,誤報も

が,役に立ったのもつかの間本日事件が起きました.

問題のモニタはこれです.

f:id:aconote:20170115210811p:plain

北海道で地震が起きている!!!

しかも震度5強!?(最初は6でした)

 

と,これは誤報でした.

私が気づいてから30分以上はこの状態です(今も続いてる)

 

さてさて,この誤報,他の通知をかき消す上に問題がありまして…本当の地震が来た時にちゃんと通知してくれるのか心配です…(;´∀`)

そして,最も問題なのは

「震度3以上で表示する」

という設定です.

これのせいで,ウィンドウを消してもすぐに表示されるのです!!!

なんてこったい!!

というわけで右下に常に地震計が表示されていますorz

 

こんなトラブルもありますが,作業中地震を早く知らせてくれるので割りと重宝しています.この機能を教えてくださったフォロワーのてぽ丼さんに感謝です(*‘ω‘ *)

 

 

【勉強法】集中力を高めるためにすること

最近やることが密になっていないので集中力が落ちているあこさんです.

 

さて,今回は集中力を上げるためのトレーニングについてのお話です.

私がよく行っている気分一点集中力・効率を最も高い状態にリセットする方法です.

 

1,音楽で効率リセット

ピアノは弾けるのですが,一人暮らしの家には無いので予定が噛み合ったときにだけレッスン室に行って気分転換に音楽してます.

で,それが駄目なときは家でピアノの曲を聞きながらエアピアノやったり,ピアノの弾いてみたの動画をあさってみたり,聞いたことのないジャンルを聞いたりしています.

今まで脳に入ったことのないような情報が入るとすごく良い刺激になります.

また,エアピアノでも指を動かすとなると必ず音を聞くために集中します.

耳を集中させる仕事の後でなければ,エアピアノなどの集中は凄く良い気分転換になります.

要はそれまでしてた集中(勉強だと目の情報と言語系とか計算系の情報に対する集中)とは違う場所を集中させるのです.

割りとこれが効いて,良い気分転換になりますよ.

 

2,自然の空気を浴びたりお日様にあたったり

上のことと似ているのですが,疲れたときは窓を空けて窓の前でゴロリです.

そうして今まで集中していたものから一度離れます.

夏だったら扇風機を横においてジメジメ~とした空気を浴びるのもいいですね.

自然の空気に触れて何も考えない状態を作ると自然と次のことが頭に入りやすくなります.頭のメモリのリフレッシュです.

 

3,シャワーに入る

以前友人と話をしていて「詰まったときにシャワーに入ると何でも出来る気がする」という事を言っていました.私の場合はそうではなくて,休憩として集中の合間にシャワーにはいってリフレッシュします.

暖かいお湯で身体を流すと疲れも一緒に流れるので集中力回復です(●´ω`●)

 

4,体勢を変える

集中力はアップしたい.でも他のことをしている時間なんてない.

という,ピンチの時に私がやるのはこれです.

最終手段です.奥の手です.

体勢を変えます.

椅子の上で胡座かいたり,正座してみたり,はたまたこたつに埋もれてみたり,ストレッチしながらやってみたり.

そこまで大きなリフレッシュにはなりませんが,「他の作業している暇なんてないんだ!!!」って時にはいいですよ(*‘ω‘ *)

 

何故slackがこんなにも導入が早かったのか私なりに考えてみた

最近太ったようで体重計乗ってクラリとしたあこさんです.

正月太りって怖い((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

というわけで一昨日からストレッチ含めた30分の運動と食事制限を実施しています!

運動にて代謝を上げるぞ!!!!

 

f:id:aconote:20170111231504p:plain

さて,そんな太った話とは別に何故slackがこんなにも導入が早いのかを考えてみました.(もしかすると普及率が上がっているとか,導入が早いとか思ってるのは私だけで実際はそうでもないかもです)

 

1,slackとは

私が最初に聞いたのは,slackとはビジネスとかプロジェクトチームにおけるチャットコミュニケーションサービスです.

実際使ってみたところ,ビジネスやプロジェクトチームだけでなく,サークルや家族や友人グループなど様々なところで活用可能なツールでした.

 

また,slackは基本的には無料で使用可能です.

無料でも不自由なく使うことが可能です.

また,チャット用のアプリケーションはPC版,android版,iOS版と出ておりどの環境でも使うことが出来ます.

ツールのUIの色は自分好みに帰ることが出来,そのカラーサンプルは色んな人が紹介しています.

 

2,slackのメリット・デメリット

メリット

・多数の端末から同時にアクセスが可能

・同じグループ内にいる相手であれば誰でも連絡をすることが可能

・用途に合わせたチャットスペースをいくつも作れる.

・スタンプみたいなものがある.

・文章に対して「GJ」とか「悲しい」とか「反応」のようなものを送ることが出来る.

・ファイルなどデータをアップロード出来る.

・夜だけ通知を切ることも可能

 

デメリット

・招待するためには相手のメールアドレスを知り,そこに招待メールを送らないといけない.

・内部に入っていない人間に連絡をとれない

・チームが複数になると他の通知に気づけ無いことがある

・通話機能がない

 

3,考察

まずLINEと比較.以前私が言ったようにLINEは一つのデバイスからしかアクセスが出来ません.

またandroid端末で同じアカウントで入ろうとするとなんと…データが消えます.

slackはその辺の問題を解決しています.

また,twitterはグループでチャットするような機能がないため複数人で話し合うのには不向きでした(今はグループチャットがありますがあまり使われていないようですね…)

mailよりリアルタイムです.

また,データを送ってLINEのように期限がありません.

skypeも同様に近い存在といえますが,チャットグループを用途に合わせて作成出来るところで大きく違います.

今まで「あの話いつごろだったかな?」「他の話もあって遡れない!」ってことが多々あったのですが,チャットグループを用途に合わせて分けることによりそれが解消されています.

 

無料でここまで不自由なく使用が可能なのです.こんな点からslackは急激に導入されたのかなぁと思いました(*‘ω‘ *)

【大学生活】授業のノートの取り方.工学系だからこそのノート!

冬学期が再開し授業がつらいなぁと思っているあこさんです.

といっても今はほとんど午後の授業だけなのでそこまでつらくないんですが(;^_^A

 

さて,今回はノートの取り方です.

工学部としてノートの取り方は4種類あります.

 

1,手書きノート

高校までと一緒です.手で書くのです.

色鉛筆や色ペン,シャーペンボールペンを駆使してノートを作るのです…!

 

私は基本的に後々見やすさ重視でボールペンを使用しています.

また色ペンは脳に入ってくる情報量を増やす原因となるので基本的に1色です.

問題は長文だったり先生が書くのが早いとかになると辛いです.

それに,後々自分の汚い文字を見る事になるとなると…(´-﹏-`;)

憂鬱になります(´-﹏-`;)

 

2,ノートPC

f:id:aconote:20170112233840j:plain

工学部らしくノートPCでノートを取る方法もあります(ダジャレっぽい)

図を書くのは大変ですが,綺麗にノートがとれます.

後々見てて読みやすい(*‘ω‘ *)

ただ,問題はタイピング速度です.

タイピング速度が遅いと……そうです….板書に追いつけません.

私の中でこれだけあればPCでノートとっても不自由ないと思う速度は大体4.0~4.5key/sかなって思います.

(因みに参考として私のタイピング速度は5.7~6.2key/sです.場合によりますが大体それくらいで速度はキープしてます(*‘ω‘ *)えっへん)

オススメとしてショートカットキーを覚えておくと良いです.

下付き文字や上付き文字,文字の大きさを変える.アンダーバーとイタリック体,ボールドあたりを覚えておくと幸せになれます(*‘ω‘ *)

私はその辺を多様して幸せになってます(*‘ω‘ *)(*‘ω‘ *)(*‘ω‘ *)

 

3,タブレット

f:id:aconote:20170112235045j:plain

携帯でも良いのですが画面の大きさ的にはタブレットですね.

私はパソコンの充電が心もと無いときにはbluetoothキーボードとタブレットとモバブを装備して学校に行きます(*゚∀゚)!

それさえあれば文字が打てる!ノートが取れるのです!

更にオンラインストレージもしくはノートを管理してくれるサービス(evernoteとか)を利用すればどの端末からでも同じノートにアクセス出来て便利です!

オススメオンラインストレージはこちらっ!

 

aconote.hatenablog.com

 私が持っているタブレットがwindowsOSなのでノート取るにはもってこいなのです!

ふっふっふ~~(*゚∀゚)

 

4,写真!!!!

大学に於いて最も忌み嫌われるノート….

そう,写真です.

ただし,極力音のでるカメラで黒板を取るのはやめましょう.

周囲が苛立ちます.そして先生が苛立ちます.

写真としてノートをとっておくのは,先生の印象が良くないです.

が,正確性は随一.

画質さえ良ければ素晴らしいノートです.

(先生の字がキュウリのような文字でなければ(´-﹏-`;))

ただ,取ったあとにファイル管理しないと「いつ」「どの授業」「何回目」「何枚目」等など忘れます.

あとから見て絶対「あれ?どれだ?これ」ってなります.

テスト勉強の時にそれを整理する作業から入るので作業量が増えます.

ので最後のは私はおすすめしないもの,としての紹介でした(´-﹏-`;)

 

【大学生活】日常的に使われる連絡ツール.実はこれも連絡ツールでした.

最近はSNSでも連絡が取れるようになって色々見るものが増えたなぁと思うあこさんです.

 

さて,今回は私が日常的に使っている連絡ツールについてのご紹介(*‘ω‘ *)

因みに,大学生活で使われているだけでなくアルバイトなど仕事でも使っているので参考になれば?いいと思います(●´ω`●)

f:id:aconote:20170111230928j:plain

因みにいつも使っているのはタブレットとPCとandroid端末です.

 

1,mail

f:id:aconote:20170111231013p:plain

いつも使っているメールクライアント「thunder bird」のアイコンです.

メールって代表的アイコンないので代打ということで(;´Д`)

私は「Gmail」「Yahoo」「Microsoft(outlook)」などなど複数個のメールアドレスを持っています.それを一括管理するためにthunder birdを使っているのです(●´ω`●)

(もともとoutlookを使っていたんですが,何故か学校から支給されるメールアドレスが突如読み込めず学校になおして!って言っても直してもらえず,たらい回しにされたので今はthunder birdを使っているのです(´-﹏-`;))

 

2,LINE

f:id:aconote:20170111231307p:plain

みんな今は使っていますね.LINEです.

既読機能が厄介な時がありますが多くの人が使っているから今やもう手放せないものとなってしまってます(´-﹏-`;)

ただ,LINEの欠点として複数のandroid端末で使用出来ないことなんですよね….

PC版だと同時ログインが出来ないなど…LINEの仕様とはいえ少し使いづらいと思ってしまうことも….

ただ,手軽にグループを作れたりと何かと便利です.

 

3,slack

f:id:aconote:20170111231504p:plain

最近急成長のslack.

何故突如現れ急成長したのか,記事に書きたいなぁとか思いながら…はや数日.

組織の連絡ツールとして特化した連絡手段.

ただ時々通知が鳴らない(´-﹏-`;)ちょっとお困り者(;´∀`)

 

4,twitter

f:id:aconote:20170111232057p:plain

DMなどで秘匿会話可能なSNS

つぶやきも可能ですが完全に連絡用として使うのもありですね!

(私はブログのメモなどにしてますが(;´∀`))

 

5,Messenger

f:id:aconote:20170111232321p:plain

facebookについている機能?として私は認識しているんですがどうなんでしょう?

結構使っている人っていらっしゃるんですよね.

私はついこの間知って使い方が良くわからないまま使ってます(;´∀`)

スタンプとか用意されてるので便利です(●´ω`●)

 

6,skype

f:id:aconote:20170111232453p:plain

最後はskypeです.

ほぼ電話用ですが(;´∀`)

複数人での会話・会議などで私は使用しています.

音質は…回線やマイクなどに依存しますが,条件が揃えば会議に最適なツールです.

それに,何が素晴らしいってwindows持っている人の多くはmicrosoftアカウントを持っていて,microsoftアカウントを持っている人はskypeに登録が簡単に出来るみたいなところです.まだskype使っていない人でも「microsoftのアカウント持ってる?」と聞いて「持ってる」と言われればすぐに導入可能なので凄く幸せになれる会議ツールです.

(ただ多くの人は必ずアカウントを持っているイメージはあります(;´∀`))

 

以上です.

ただし,私の場合は複数アカウントを持っているので6種類しかツール自体は無くても連絡手段としては何十通りもあったりします(;´∀`)

だから毎朝確認するのが面倒なんですがね(´-﹏-`;)

 

この記事に興味のある人はこちらもどうぞ~!

 

aconote.hatenablog.com

 

 

【大学授業】大学の授業,実は取らなくても…?

最近色々勉強しすぎて何がなんの内容でどこで学んだのか分からなくなってきたあこさんです.

 

といってもそれが悪いこととは思っていません…!

それをお話するのか今回の記事「大学の授業は実は取らなくても」です(*‘ω‘ *)

 

f:id:aconote:20170110222212j:plain

大学に入った頃は「あの授業もこの授業も取らなくちゃ!」って結構必修科目の山に埋もれます.そして早いと1年の後期,2年頃から選択科目によって日程が埋もれます.

そんな時きっとこう思うはず…

 

どれを選択すればいいんだ…!

いっそ全部取ってしまえ…!

 

それも素晴らしい考えだと思います.

が,私が3年学校に通い結論として出したのはこれです.

 

興味ある・面白そうな単位を取ろう

 

私は基本的になんでも興味があるのでほぼ毎日フルコマに近いのですが,やっぱり興味ない科目はつらいです.

なので選択科目というものがあるのなら甘えて楽しそうなものとか興味のありそうなものを取りましょう.

 

そこれきっとこうも思うはず….

 

みんなにおいていかれちゃう….

関連性のある授業でついていけない…

 

そんなことはありません(私の学校では)

先生は全員が同じ授業を取っていないことを前提にして授業を行います.(きっと)

で,分からなくてもたいてい分かるように簡易的(授業よりも分かりやすい)解説をしたあとに本題に入ることが多いです.

 

それに,授業でそれが分からなかったからといって問題はないと思える理由として,本当にその科目で他科目の内容が必要ならその授業内で講義を行うか必須内容を行っている科目を必修(つまりその他科目を取っていないと授業を取れない)にするはずです…!(きっと)

 

というわけで結論として

まぁ,無理して嫌な教科とか興味ない教科は取らなくてもダイジョーブ!多分!

 

また,取り逃した単位の内容(再履で取れなかったとかの理由含め)についてなのですが,重要な内容なら他科目でもやるので心配いりません(;´∀`)

ただ問題なのは関連科目を複数個取らないことです

そのまま学年が上がって…今まで関連科目を取ったことのない科目を取ると…

 

えっ…私の知識…少なすぎ…!?

 

ってなります(´-﹏-`;)

私は2つほど関連科目を取れなかったのですがその後に「えっ…」ってなりました(;´Д`)

なので結論に付け足し.

取らないとりも取ったほうが良いです.

単位が不安なら聴講で取ったほうが幸せになれます.

 

です(;´Д`)

【大学生活】学校の図書館で欲しい情報を見つける方法

本日学校の課題が終わっていないことに気づき( ゚д゚)という顔のまま学校図書館にてワッショイワッショイしてたあこさんです.

 

にしても図書館って本が多いですね(;´∀`)欲しい本を見つけるにも一苦労…(;´∀`)

ということで今回は私のやっている「図書館にある大量の蔵書の中から好きな本を見つけ出す方法」を紹介しようと思います.

f:id:aconote:20170109225219j:plain

図書館の自習スペースに荷物広げたらまるで自室に早変わりっ!

荷物減らそうって思いました(;´∀`)

 

さて,右下に見えますものは私のMyPCでございます.

まずはこれにて欲しい情報の単語を検索します.

 

因みに今回欲しかったのは「ツイストケーブルのノイズについて」です.

あ,因みにこれについては簡易的に(ほぼ私の忘備録のようなものですが)記事を書いてますので気になる方はこちらへ( ˘ω˘)

 

aconote.hatenablog.com

 

当初,これを学校の課題で参考文献で出せと言われてしまい図書館に来たのです.

さて,ここで問題です.

どこを探せばいいでしょうか?

当初電磁気関係を探しに行きました.

が,ツイストケーブルの話を書いてあるものは殆どありません!

あるのはアンペールの法則とか…云々…(;´∀`)

困った.

というわけで話を戻しましてPCにて検索します.

f:id:aconote:20170109225949p:plain

で,適当に記事を拾ってきてよく使われる単語をピックアップします.

今回だと「ケーブル」「シールド」「雑音(ノイズ)」等です.

で,これを図書館の本検索にかけます.

そうするとあら不思議ある程度場所が絞り込めます.

 

そうしましたらもう簡単.

1冊でもそれっぽいものがあれば分類上近くに似通った本があるはずっ…!

それを片っ端から目次だけ読んでいきます.

で知りたい情報ではないかという項目だけパラパラ読みます.

 

サックリ読むだけでもこの項目が知りたいものだ,とまでは分かるのであまり時間を取らず見つけることが出来ます.

(因みに,私の場合「サックリ」が下手だから机に資料持ってきて読みながら「あ,違った」なんてことも多々あったり…(´-﹏-`;))

 

というわけで簡単?時間短縮(でもちょっと確実ではない)図書館で欲しい情報を見つける方法でした.

 

因みに余談ですが,家で資料になりそうな本を並べてみたらかなりありました(´-﹏-`;)

私,図書館行かなくても実は資料持ってた(;´∀`)

f:id:aconote:20170109230430j:plain

見えてるものだけ写真とったんですが本棚には結構どっさり本あるんですよね…(;´Д`)へっへっへ(;´∀`)

 

 

【大学生活】GPS情報の活用方法!あの日あの時あのルートは!

免許の更新のためにコンタクトの度数を上げ,そして更新が終わってすっきりしたあこさんです.

コンタクトで片目視力が0.8を超えると世界がクリアになるんですね(*‘ω‘ *)

夜も目に入る光量増えるので運転も安心(●´ω`●)

 

と,そんな運転の話も交えまして,前回私が書いた記事「行動をトラッキング」でとったデータをどう使っているのか.を書いていこうと思います.

 

aconote.hatenablog.com

 

ことの発端は実家の母の話….

私が運転で母助手席,まだ私がひよっこドライバーだった頃…(今も変わらないけど)

母「そこ右,次左言ったら見覚えのある道に出るから」

私「えっ…えっ…あっ…あっ!知ってるっ!この道知ってる!!!!!」

となっている事が日常でした.

 

今思えば道を覚えるための荒療治…(お陰様でかなり大きい道は覚え始めました)

 

でも言われるがままに走っているのでは道は覚えられません.

あとから「あの道ってどこだ!」と調べるのです.

GPSデータを利用してですよ(笑)

 

最近であればこんなところを調べました(●´ω`●)

f:id:aconote:20170108192635p:plain

ぱっとみてどこかわかった人すごいです.

久喜白岡JCTの画像です.

以前家族で私の運転にて高速利用の移動ということがあったのですが,父に言われるがままに進んだため,どこで乗り換えたのか分かりませんでした…(;´Д`)

 

で帰ってきて乗り換えたのはどこだ!

あんな危険なJUNCTION,二度と通るものかっ!と調べました(;´∀`)

 

高速なのでやはりデータの間隔上道にいないところもありますが私が久喜白岡JCTで乗り換えたのがデータから大体予測できますね.

で,私がここからよくやるのは…

f:id:aconote:20170108193008p:plain

Googleプレビューです.

場所をプレビューにて自分が通った道かどうか確認します.

 

余談:このJCTのこのスクリーンショットの場所,合流かなり危険だなぁと思って調べました.曲がった直後にいきなりこの光景が現れ加速(加速レーンがないため)出来ないまま右から現れる車線と合流….更にその後また合流(だったかな?)と個人的に手に汗握る現場でした….初見殺し道路とは…まさにこれのことでは…?(もっとすごいのあるのでまだ序の口だったり…)

 

 

こんなふうにして,運転するたびに(自力で道を開拓しようと迷うときもあるので…(;´∀`))頭の中の記憶している地図を更新.

という作業を繰り返すためにデータを活用しています.

 

こうやっていつも渋滞する道路を回避・更に最適な抜け道を選べるように自分の脳内地図更新のためにデータを活用しているのです(*‘ω‘ *)!