読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

留年戦記

留年と工学と人間関係と毎日戦っている人のブログです. 今年は留年回避済み.プロマネのお勉強中.留学試みたりTOEICの得点向上を試みたり.普通に学校の勉強を頑張ったり工学(プログラミングも回路も)について学んでみたり.時々レーザーカッターのパラメータを記事にしてます.

emotion

言葉の力

最近社交辞令を覚え始めたあこさんです.

英語のタイトルってちょっとかっこいいなって思いました(*`艸´)

 

さて,仲直りしたいけどできない話です.

 

ここ最近のゴタゴタで仲が悪くなってしまった友人達がいるのですが,その友人達に声をかけてせめて食事とか顔を合わせて喋ろう!と誘いたいのですよ.

しかし,しかし,どうも心と体が追い付いてくれないのですよね….

 

二ヵ月感情を押し込めて「相手に個人的な善悪フィルターをつけないように」「感情的にならないように」「感情に流されて判断を間違えないように」ってやってきた反動なのですかね…どうも友人達の姿を見かけるとここ数日強い「怒り」みたいな「悲しみ」みたいなごちゃまぜの感情が込み上げてきます.

今日久しぶりにちょっとだけ顔を合わせる出来事がありました.そこで,「あれ?怒りとか込み上げてこない」って思ってたら家に帰る途中,一人になった途端パニック状態になりました(;´・ω・)

 

自分って弱いですね….

どこにぶつけられるわけでもない「怒り」や「悲しみ」が自分の中で込み上げてきて,自分が(自分が思うところの)悪い人間になるんじゃないかっていう恐怖となる.それから何に対してか分からない「罪悪感」とか「辛い」って感情から胸が強く痛む.それだけでも焦ってるのに,自分の呼吸が乱れていることに更に焦って……って.

 

言葉にしてみるとあれですね.いろいろなものが頭のなかで巡ってるって分かりますね(;^_^A

 

そんなこんなで,仲直りしたいとか蟠りを無くしたいって思ってる自分がいても結局心の奥底の方がついていってくれないのですよね(;´・ω・)

 

というわけでまた次回に~(実はこの話には,パニックのすぐ後の話があるのです.本当はそっち話そうと思ったのですが気が付いたらパニックの話になってしまった…)