読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

留年戦記

留年と工学と人間関係と毎日戦っている人のブログです. 今年は留年回避済み.プロマネのお勉強中.留学試みたりTOEICの得点向上を試みたり.普通に学校の勉強を頑張ったり工学(プログラミングも回路も)について学んでみたり.時々レーザーカッターのパラメータを記事にしてます.

Android充電用のケーブル(USB-microUSB)には種類があるって知ってた?

先日セリアに行ったら欲しいものがなくて,(๑´•.̫ • `๑)ってしてるあこさんです.

 

買いに行ったものといえばAndroidの充電用に使われる,USB-microBのケーブルです.

売っているには売っているのですが,私の目当てのスペック?の物がなかったのです。

(スペックと言っていいのかな?)

 


f:id:aconote:20170116191845j:image


現在の私の家にあるUSBたちです。

もはや、コレクターのよう…(,,・д・)

 

さて本題です。

実はこれらちょっとずつ用途が違います。

用途によって買うときに合わせるのです。

 

1,データ転送用か充電用か

本当は解剖したUSBの写真を載せようと思ったのですが時間が無く、断念(;´д`)

 

ケーブルには充電用とデータ転送用があります。(といっで、データ転送>充電だと思っても大丈夫です。データ転送用でも充電できます)

何が違うかと言うと、ケーブルの中に含まれる配線の数です。

データ転送用では、データを通信するためのケーブルが多く含まれています。

100均のケーブルの中にはデータ転送出来るものと出来ないものがあるのです。

 

2,高速充電対応かどうか

ものによっては高速充電対応と書いてあります。これはケーブルに流れる最大電流が多いよ!ということです。(適当な説明なのでちょっと違うかも)

要は、1Aまでしか流せないか、それ以上流せるかという話です。

因みに高速充電非対応では勿論のこと高速充電できません。

 

で、話を冒頭に戻しまして、高速充電対応かつデータ転送可能のものを探しに行ったのですが結局手に入らず…。

見つけ次第買うぞぉ!!(´・∀・`)

 

余談

因みに、充電ケーブルにも充電速度は依存しますが他にも根本のアダプターにも依存します。

f:id:aconote:20170116194857j:image

私がもっているアダプターなのですが、実は白い方は高速充電できないのです。

に対して左下は3ポートあるのですが合計で4.7Aまで出力できるので2ポートまでは高速充電できるのです!