読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

留年戦記

留年と工学と人間関係と毎日戦っている人のブログです. 今年は留年回避済み.プロマネのお勉強中.留学試みたりTOEICの得点向上を試みたり.普通に学校の勉強を頑張ったり工学(プログラミングも回路も)について学んでみたり.時々レーザーカッターのパラメータを記事にしてます.

一度言った言葉は波紋となって

言葉の力

メンヘラという言葉,最近よく聞きますよね.

メンタルヘルスの略で昔掲示板などにメンタルヘルスについて語るサイトがあってそういうところを見る人という意味でメンヘラーとなり,今の「メンヘラ」という言葉になったそうです.(本当かはわかりませんが)

 

メンヘラって言葉,割とマイナスの意味でつかわれること多いんじゃないでしょうか?

私の周りでは「精神が病んでる人」という意味で悪い方向で使われています.

少し前のこと,私のツイッター(ブログ用とは別のです)で呟いた内容が原因でどうやら私が周囲からメンヘラと思われている事を知りました.

なんか変な気分です.ツイッターだけで印象が独り歩きしてなんだかやばい人みたいな思われ方をしてるなんて.

 

さて,そんな話を前提として私が一つ体験し学んだことについて今回書こうと思います.

少し前までとても仲良かった親友との会話でちょっと言葉のチョイスに疑問を抱くことがありました.私が下手に言葉に敏感になっているというのも相まって,傷つくような言葉を言われるとかなりへこたれました.

でも一度や二度だったらすぐ復活できる方なのですが,マイナスの言葉をー鋭利な言葉を何度も何度も突き付けられるとやはり限界が来ますね.

頭の中で何度も鋭利な言葉は反響してどんどん私の中で増幅して「私」という人間を飲み込んで別の「私」へと変形させてしまった.

一度くらいなら言った言葉は小さな波紋となって私の中で波打つけどすぐに静まりました.でも同じような鋭利な言葉で何度も波紋を起こされると波は重なり大きな波となり心を何度も強く強くたたきました.そしてすぐには静まってくれない.

怖いですよね.

私も気付かないうちに誰かにそんな波を起こさせてしまっているのだろうかと.

 

 

とそんなこと考えてるから「メンヘラ」なんて呼ばれてしまうんですかね(笑)