読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

留年戦記

留年と工学と人間関係と毎日戦っている人のブログです. 今年は留年回避済み.プロマネのお勉強中.留学試みたりTOEICの得点向上を試みたり.普通に学校の勉強を頑張ったり工学(プログラミングも回路も)について学んでみたり.時々レーザーカッターのパラメータを記事にしてます.

あけましておめでとうございます.筑波山の初日の出です.

大学生活

初日の出を見るために日付が変わってすぐに実家から飛び出したあこさんです.

 

夜明け前って一番温度が下がるとは知っていましたが,ここまで下がるとは….

というわけで日付が変わるとともに実家を飛び出し,筑波山まで行ってきました.

 

f:id:aconote:20170102000331j:plain

3:30頃のロープウェイの写真です.

まだ列は短い…!

でも並んでる…!程度でした.

ちなみに並んでいるすぐ横にお手洗いがあるので心配な方は大丈夫ですよ.

 

一部の方は頭に電気をつけて登山されていましたが半数以上がロープウェイで登るようでした.ちなみに3:30の時点で車は地下駐車場行でかなり埋まってしまっていました.

 

そして5時が始発なのですが4時15分頃にはロープウェイの切符が購入できるようシャッターを開けてくださいました.

ちなみにロープウェイは往復1100円です.

f:id:aconote:20170102000551j:plain

そして,一番乗り.

(当日の,2017年の一番最初のゴンドラに乗ることが出来ました)

f:id:aconote:20170102000707j:plain

ブレちゃってますが(歩いて撮ったので),開運小判をいただきました.

後ろの人が言っていたのを聞いたのですが,どうやら先着100名とかしかもらえないらしい…((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

 

そして山頂には5:00発の便で登りました.

登った頃にはもう,登山組が数名展望台の一番前を陣取っていましたが,十分前の方を陣取れるという感じでした.

 

で,ここで一つ.

持っていったほうがいいもの

・ひざ掛け

・椅子

・ほかろん(ほっかいろ)

・超絶暖かい格好

 

です.

この時点で気温-1℃…だったらしい.

ここから1時間と45分の長い戦いが始まりました.

 

ちなみにこの時の私の格好は裾の短いフード付き簡易コートにマフラー(ちょっと大きめ),ホカロン2つ.以上です.

ここで「装備が足りない…!」

「寒すぎる…!」

と気付きましたが後の祭り.

コートの閉められるものは全部閉め,フードを被り,マフラを全身を包むようにかけ,

空気層を作った上でその中でホカロン2つを冷めないよう使うことでなんとか暖を撮りました.

 

が…

 

これ,凍死するっ…!!!!

 

靴はブーツだったのでまた暖かかかったのですが,それでも冷気は入ってくるしで,相当寒かったです.

じわりじわりと下がる体温.

(ただ,ホカロンと空気層のお陰でそこまで大きく急激に下がらなかったのでまだいける,という感じでした)

 

f:id:aconote:20170102001604j:plain

そして6:00頃.

ちょっとだけ空が明るく…!

希望の光が…!

この時点で私たちの後ろには大量の人が….

横の大学生の人たち(なまりの感じから福島の浜のほうかな?)はこの辺から「帰ろうぜー」「寒いぞ」と言い始めました(笑)

ちなみに,人が増えてくると人間の体温で周辺温度が上がるようでちょっとだけ暖かかくなりました.

f:id:aconote:20170102001754j:plain

そしてイルミネーション.

展望台で飾られていました.

 

f:id:aconote:20170102001821j:plain

6:20頃.

だいぶ空が明るくなりました.

ゴンドラ見ながら「あの中で初日の出って最高だろうなぁ」とか思いながら写真を一枚.

 

f:id:aconote:20170102001906j:plain

雲が多く6:44分が日の出のはずなのですが,7:00頃(雲からの)日の出となりました.

やっときたぁぁぁぁぁぁあ

 

という感じで,写真をパシャパシャ.

もう,感動です!

怒涛の1年が終わり,怒涛の1年が始まるのかと,いい心の引き締めになった.(気がします)

f:id:aconote:20170102002025j:plain

結構人が多くなってました.

帰りは30分程度並んでゴンドラに乗り込めました.

が,車が出るのにも30分はかかっておりおおよそ日の出から筑波山出発まで1時間ほどかかってしまいました(;´Д`)

 

f:id:aconote:20170102002159j:plain

そして実家に帰ってきておせちをもぐもぐ.

良い1年になりますように.

というわけで,私の怒涛の1年が始まるのでした.

(絶対2018/1/1にこの記事見返して「私,何やってるんだろう」ってなる自信ありますよゅ!(笑))